2007年02月19日

内部監査で不祥事をなくせるか

評価 本 本 2006年8月発行

目次    全211P
1.内部監査人の世界
2.不祥事は、なくならない
3.弱い動物、それが人間
4.休憩室

 会計士や学者ではなく、豊富な実務経験者が著者であり、たんに『あるべき姿』を書くのではなく、実務で培った視点から書かれているので面白い。実務は学者の語る、きれいごとだけでは進まない、人間の未熟さ、愚かさ、弱さとの戦い。
 ただし、内部監査とは直接関係のない内容が多く有り、業務作業の参考として読むのにはおすすめできない。

posted by アイポ at 14:53| Comment(0) | 内部監査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。